親が子供にしてやれる小児喘息の対策方法

小児喘息の90%はアレルギー性のものです。アレルゲンというアレルギーの元となる物質が原因となって症状が起こります。親として子供にしてやれる小児喘息の対策方法は

  • 小児科に連れて行ってあげて治療する。
  • アレルギーの原因物質であるアレルゲンを徹底的に取る。

これらの対策方法が考えられます。恐らくこのサイトを見ている方は病院には連れて行ってあげているだろうと思いますが、加えてアレルゲンを取るということをしてあげると良いでしょう。

アレルゲンの原因はダニです。とにかく家の部屋からダニを駆除してあげる必要があります。

小児喘息とは?

症状としてでるもの

小児喘息の症状として出るものは、ゼイゼイといった呼吸の苦しさや、微熱、咳き込みなどがあります。子供にしてみると本当に苦しくて、眠ることも出来ないほどツライのです。夜に発作が起きてしまうと、お母さんも一晩中不安で眠れずについていることになってしまい、母子共にとても大変なものです。

あまりに小児喘息がひどいと、投薬治療や注射だけでなく、最悪の場合には転地療養をしないと治らないことにもなってしまいます。布団などの寝具が清潔ではないことや、家の中の掃除が行き届いていなくても起こってしまいますし、ペットの細かい毛も良くないですね。こういったものに触れることによって、息苦しさと、呼吸困難を起こすこともあります。

寒い日にも外に遊びに行けなくなりますので、お子さんにとってはツライ日々が続いていきます。息苦しさのあまりに立っていられなくなるほど重傷になってしまうこともありますね。

こんな傾向が見られたら

お子さんが息をしているときに、寝息でもゼイゼイ聞こえたり、呼吸の苦しさを訴えたときには、まずはすぐに小児科に行きましょう。早期の治療は早期の回復に繋がって行くものです。ペットに触れたり、極端な場合ですと、ぬいぐるみを抱いただけでも呼吸の苦しさを訴えてくることもありますのでそういったものは遠ざけましょう。

寝具にはダニもいますので、普通に寝ているだけでもそのダニの死骸などを吸い込んで、呼吸が苦しくなるという症状も発生してきます。呼吸のしにくさから活発さがなくなって、だるさを訴えることもあるでしょう。最初のSOSを見逃してしまうと慢性的になってしまって、大人になっても治らないと言うことが起こってしまいます。

一生、吸入をしながら暮らしていくのは大変なものですし、薬を使用することによって、別の病気が発生することもあります。初期症状には十分注意をしてあげましょう。寝息の確認や、日頃の活動の活発さ、風邪を引いていないのに微熱があるなどと言う点をまず確認してから小児科に行って、医師の診察を受けましょう。


小児喘息の原因
小児喘息の原因について解説しています。原因となるのはやはり環境的なものが多いです。布団などはきれいにしておかなければなりません。

小児喘息の症状
小児喘息の症状といえば発作です。発作が起こると呼吸困難な状態になり、子供は非常に苦しみます。またどちらかというと夜に起こりやすいです。

小児喘息の治療
小児喘息の治療は主にステロイド剤を用いて治療します。また、周囲の環境を変える、清潔に保つなどの指導を医師からされることも多いです。

吸入ステロイド薬ってどんなもの?
小児喘息の治療で使用する薬である吸入ステロイドについての解説です。一番気になるところですよね。

小児喘息の予防
小児喘息を予防するには原因となる物を1つずつ取り除いていく必要があります。発作に向けて準備をするのもそうですし、アレルゲンを取り除くのも予防の一つです。

発作が起きた時の対処方法
小児喘息の発作が起きた時の対処方法はどのようにしたら良いのでしょうか?基本的には吸入器を利用してあげましょう。また、姿勢を起こすのも良いでしょう。

外出先などとっさの場合の発作の対応方法
小児喘息のお子さんが、外出先などでとっさの発作が起きた時の対応方法を紹介します。民間療法でもありますが、試してみると良いでしょう。

小児喘息の民間療法
私が試して効果のあった小児喘息の民間療法を紹介します。参考にしてみて下さい。